人生の限りある時間

人は自分が死を迎える時に、自分が幸せだったか、満足できたかを判断します

何故、生まれてきて、死んでいくのかは、自然が作った物なので、考えるだけ無駄なことに思います。

人が生きる時間

人間一個人が生きている時間は、地球が作られてからの時間から見ると、ほんの一瞬の出来事です。
我々人類の中の個人の本質は、動物も虫と変わりなく、次の世代につなぐことだろうと思います。
自然の摂理から考えると、親から子へ、子から孫へとつなげていくことが、動物としての本来の本能だろうと考えます。

お金と時間と感情と

一方、我々の人生の時間の大部分は、我々の欲求という感情を満たすために使われる時間ということになります。
現代の欲求を満たすために使われる道具に、お金という仮想的な価値(現代人が思い込んでいる価値)があります。
お金という価値は、他人の時間を使うことができてしまいます。(仕事は時給いくら、月給いくらで計算されます。)
お金は物を買うこと以外に、人の行動や感情までをも悪い意味でコントロールできていることに、お気づきでしょうか。
先の国同士の戦争も、人の欲望の延長戦に起きた出来事と考えると、すっきりと納得できると考えます。
お金のために、強盗、窃盗、詐欺などは、言うに及ばず、様々な争い事の原因です。

自由と時間

時は金なりといいますが、時間とお金は同じように貴重で無駄に浪費しないで、有意義に使いましょうということが主旨です。
我々現代人は自分の人生の時間を差し出して、お金という価値と交換しながら、衣食住を得て生活をしていると言えるでしょう。
しかし、我々の人生の有限の時間を仕事に全て費やすことには、私自身は、「めんどくさい」と思うようになってきました。(国家政策では、お年寄りも仕事をしましょうですが)
人生100年時代と言いながら、実際に元気で自分の意思で自由に生活できるのはもっと短いはずです。
ならば、体が元気なうちに、自由な時間を、自分のために、家族のために、世の中のために自分自身が考えたことに使ってみるのも良いことのように思います。
自由とは自分の責任で行動することだと考えていますが、お金のために、自分の時間を全て他人のために使うことは、自分の人生を無駄に生きたように感じます。(自分のしたい仕事ならば良いですが)
海外(アメリカ合衆国)では、老いて死んでいく人を看取る職業があって、その中の大半の人たちは死際に、「何で、こんなに働いてばかりいたんだろう」という言葉を残したと言います。
現代のアメリカの国民の意識調査では、幸せと、お金の関係は、ある年収以上になると、それ以上の幸福感は得られなかったというデーターもあるようです。
お金はたくさんあればあるほど良いという物でもなさそうですね。

自分で自由に考えて使える時間を、自分自身に使える時間、お金から自由になれる時間、そんな時間が作れると、生まれてよかったな、めんどくさくないなと思えるのかもしれませんね。
さらに、いつ死んでも悔いはない、そんな人生が理想かもしれませんね。

アップルコンピューターを作ったスティーブ ジョブスの生き方

スティーブ ジョブスはアップル社の共同設立者の2人のうちの1人です。
ジョブスは2011年に56歳で亡くなられました。
大学を中退後、知り合いとアップルコンピューターを設立し、アップルⅡを大成功に導きました。
当時のコンピューターは、とても一般の人が使える代物ではなかったのですが、その後作ったコンピューターは、マウスを使ったGUI(グラフィック、ユーザー、インターフェース)を使った今でも継続しているマッキントッシュ(マック MAC)です。
ジョブスはアップルの創業者ですが、そのアップル社から解雇されてしまいました。(ホンダの創業者、本田宗一郎がホンダから解雇されることを想像してみてください)
アメリカの凄いところで日本ではありえないですね。
解雇された後は、ピクサー、アニメーション、スタジオを設立(ルーカスフィルムを買収)、NeXTコンピューターを創立しています。
ジョブスのいないアップルは、MACの次期OSの開発の進行が上手くいかないために、Windowsの後塵を拝する事になりました。
アップル社のとった行動は、外部からOSを買い取ることでした。(ちょっとニュアンスが違うかもしれません)
2つのOSのどちらかを買い取ってマックに乗せること。
一つは、BeOSでもう一つがジョブスのNeXTである。
BeOSは、すでにマックの機械に入れて動いていました。(自分もBeOSを自分のマックに入れて動かしてみましたが何事もなく普通に動作しました)
NeXTは基本はFreeBSDなので、ソースをコンパイルすれば、さまざまなCPUに対応できますね。
この時に、驚異的なプレゼンテーションでジョブスのNeXTが選ばれて、さらに、無償でアップルコンピューターで働くと、(アメリカの成功者なので、本当は働かなくても豪遊生活ができるのだが)
ジョブスは自分の作ったアップルに戻ると、優秀な人材を残して、不要な人材は辞めさせました。
みんなは、酷い奴と思ったかもしれませんが、ジョブスが世界から承認されるコンピューターを作るには、それくらい集中したかったのかもしれません。
まずは、コンピューター本体のデザインをトランスルーセント、つまり透明にして出しました(画期的でかっこよかったです)。
次に、ボディをアルミ製にすることで、再生可能なものにしたけれど、まだ、Windowsにはかないませんでした。
そして、音楽プレイヤーiPodが登場し、これが大当たり、(ジョブスはビートルズ大好きで社名のアップルはビートルズが設立したアップル・コアから来ているらしい)
そこから派生した、iPod touch 、そしてiPhoneの登場です。
通信技術の進歩とインターネットの普及によって、コンピューターをポケットに入れて歩けるスマートフォンの時代になりました。
全速力で、人生を駆け抜けたジョブスは、どんな思いで死んでいったのだろうと考えると。
これは、私の偏見に満ちた考えですが、ジョブスは全世界を脅かせる偉業を作りたかったのだと思います。
ジョブスは良い意味での承認欲求で満たされて死んでいったのではないでしょうか。
そして、ジョブスと共にアップルで開発した仲間たちが、現在でもアップルコンピューターを牽引し、亡くなった後もジョブスの作った意思は続いていくのだと考えます。
ジョブスは、スタンフォード大学のスピーチで、生まれてから、里親に出され、大学に行くもお金がなくて中退(里親が裕福ではなかった)、自分で作った会社から解雇され、幾多の困難を乗り越え、それでも世界を変えた人間がスティーブ、ジョブスです。
凄い精神の持ち主だったのかもしれませんが、多分、他者の歪んだ感情には悩んだと思います。
そんな時、ジョブスの愛したのは、禅道という仏教であること。
ジョブスは言葉は悪かったらしいが、強烈に人を納得させる力があったようです。
良い意味でも悪い意味でも、自分の信念だけを信じて生きたジョブスは、少しの悔しさと幸せを感じながら、天国に召されたのだと思います。
自分とは正反対で、嫉妬しますね。(人は誰でも、承認欲求が強い生き物なのかもしれません)

せっかく生まれてきたのだから、少しでも幸福感がある一生を送りたいものです。
自分が考える人生を、「あれもしたかった」、「これもしたかった」のにと、言わない人生
あとは、自分のことだけではなく、自分が考える、他人のためになる、世の中のためになる、そんなことも考えて実行できたら一生が実りあるものになるのではないかと思います。


世の中で自己犠牲なしに役に立てることは、とても素敵な人生になるのではないでしょうか?
「自分のしたいことをして、世の中のためになる」これからの目標ですね。

※この文章はjune-2020に書きました。POP KARAIE 唐家克也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る