人生の主役は誰?

私たち、日本人は、家族の考え方や学校教育など、他者にとって都合の良い人間となることが良いことであると、洗脳という名の教育を受けています。(過激な発言だな!)だから、自分自身の人生を歩めていない事にも気が付いていません。 […]

人に対する感情

個人は、好き嫌いで感情は変化すると考えます。 人間同士が相対すると、好き、嫌い、どうでも良い、の3つに感情が現れます。過去にいやな経験があって、そのいやな経験した人と似た人と出会うと、それだけで嫌いになることもあります。 […]

多過ぎる物、モノ

モノは人生の時間を消費する モノは整理する時間を消費する、捨てる方法を考える時間、メルカリで売却する時間と手間、ものを整理するための棚や収納など。そうです、モノは管理したりする時に、貴重で有限の持ち主の時間を消費してしま […]

自分で自分を分析する勇気

見栄(他人から良い人、すごい人とみられたい心) 人には誰にも馬鹿にされたくない見栄(みえ)という余計な心理が働きます。見栄があるばっかりに、無駄なことをしたり、買ったり、馬鹿なことをしたりします。自分にも、そんな無駄な見 […]

人生の限りある時間

人は、 自分が死を迎える時に、初めて自分の生きざま, この世に、生まれ死んでいく自然の原理 を知ります。 人が生きる本質と時間を考えてみる 人間が生きている時間は、地球が作られてからの時間(46億年)から見ると、ほんの一 […]